子供部屋

子供部屋はいつから欲しがる?子どもに一人部屋を作るメリットとデメリット!

あなたはこんな事でお悩みではないでしょうか。

  • 子供部屋はいつ頃から必要なの?
  • 子供部屋を作ると、親子のコミュニケーションが減ってしまいそうで心配
  • 子供部屋を作るメリットとデメリットを知りたい

子供が大きくなってきて、そろそろ子供部屋について考えなくては、と考えている方も多いのではないでしょうか。

現在の家では手狭で、引っ越しを考えなくてはならない場合もあるでしょうし、マイホームを建てようかと考える場合も、子供部屋をどうしたらいいのかは悩むところですよね。

子供が幼い場合には、本人に希望を聞くわけにもいきませんし、親であるあなたが考えるしかありません。

この記事では、子供はいつから自分の部屋を欲しがるようになるのか。

また、子供用の部屋を作ることのメリット・デメリットについて解説していきます。

子供部屋はいつから欲しがる?

子どもは小学校高学年くらいになると一人部屋を欲しがることが多いです

小学校低学年のころは、寝るときも親と一緒にいることを望む子供が多く、せっかく子供部屋を作ってもほとんど使われていないようです。

また、高学年になっても夕食後はリビングで過ごす子供が多いようですが、この頃から、寝るときは子供部屋を使うようになるケースが多いようです。

そして中学生になると、夕食後に自室で過ごすようになる子供が一気に増えていきます。

よって、子供が自室を欲しがるようになるのは、小学校の高学年くらいからと言えるでしょう。

子供部屋を作るメリット

  • 子供に自立心が芽生える
  • 自分で整理整頓をするようになる
  • 子供のプライバシーを確保できる
  • 夫婦の時間を大切にできる

子供に個室を与えることの最大のメリットは、自立心の形成に役立つ点です。

自分の部屋を持つことで自ら考えて動くようになり、部屋の整理なども自分でするようになります。

先ほど書いた通り、日本では小学校高学年辺りから一人部屋を欲しがるケースが多くなっています。

しかし欧米諸国では、子どもの自立を促すための訓練として、生まれたばかりの赤ん坊のころから、親とは別の部屋に寝かせることが普通なのです。

日本人の感覚では、あまりに幼い頃から一人にさせるのはかわいそうな気がしてしまうかもしれませんが、一人部屋を持たせることは、確実に子供の自立につながるのです。

さらに、子供が別の部屋で過ごすことにより、夫婦の時間も大切にできるようになります。

子供部屋を作るデメリット

  • 親の目が届きにくくなる
  • ゲームやパソコンの時間が増えるかもしれない
  • 親子のコミュニケーションが減る
  • 引きこもりになってしまうかもしれない

子供部屋を作ることのデメリットは、子供が自室で過ごす時間が長くなりすぎることへの懸念です。

部屋に入ってしまうと、当然親の目が届きにくくなりますし、コミュニケーションも減ります。

子供のプライバシーも大切にしてあげたい思いはあっても、親としてはどうしても心配ですよね。

子供が部屋にこもってしまう原因の一つとして、部屋の設備を充実させすぎてしまうことが挙げられます。

子供部屋にテレビやパソコン等の娯楽品を置いてしまうと、部屋から出てこなくなるリスクが高まります

小さい頃からこういったものを子供部屋に置くことは避け、なるべくリビングに出てくる環境を整えることが大切です。

まとめ

ここまで子供部屋を作るメリットとデメリットについて説明してきました。

子供のプライバシーは尊重してあげたいけれど、親としては心配な部分も多いですよね。

最近では、リビングを通らないと子供部屋に行けないような間取りにするなど、コミュニケーションをとるための工夫をするご家庭も増えているようです。

どのような間取なら、コミュニケーションを減らさずに子供と自然に接することができるのか、本当に悩むところですよね。

もし今後マイホームを作ることをお考えなのであれば、『タウンライフ家づくり』というサービスを利用する方法があります。

メリットとして、

  • 希望の間取りを作成してくれる
  • 資金計画を作成してくれる
  • 理想の住まいを建てられる土地情報を提案してくれる

があります。

『タウンライフ家づくり』なら、これらのサービスを、すべて無料で受けることができるのです。

また、複数の会社から提案が届くので、比較してみることもできます。

同じような悩みを持つご家庭は多いので、一人で悩まず、『タウンライフ家づくり』を使ってプロに相談してみてはいかがでしょうか。

簡単3分で依頼完了!
手軽に無料で希望の間取り図を手に入れる方はコチラ↓